【P1】ペット自動給餌器SOFT-APによる接続方法

 

QRコードによる接続方法で接続できない場合、SOFT-APによる接続方法を試してみていただけませんか?

この接続方法では、製品のホットスポットを利用することになります。

過程として、スマホが製品のホットスポットに接続し、スマホのWIFI設定をカメラに送信し、製品はそのネットワーク情報を処理して接続することです。

 

自動給餌器P1にはWIFIモジュールが内蔵されておるため、未接続で起動状態(電源ケーブルによる給電必要)の製品自体は、ホットスポットを常に維持します。

このホットスポットの名前は、製品のSN番号とは同じです。例えば、SN番号は「WVC123456」の製品で、その製品のホットスポット名前も「WVC123456」となります。

また、ホットスポットが常に維持される特性から、このホットスポットが無いまたは不安定の場合、WIFIモジュールに不具合が発生したと判断できます。その際、弊社のアフターサービスメール(service.jp@wansview.com)までご連絡ください。

 

SOFT-APによる接続方法で自動給餌器P1を2.4GHz WIFIに接続する前に、下記の事項を事前に確認するようよろしくお願いいたします。

 

1)ご利用のWIFIが2.4GHzであることを確認してください。

  弊社のカメラは2.4GHz WIFIのみに対応します。接続の時、5GHz WIFIに接続しないようご注意ください。

  ※2.4GHz/5GHzとはWIFIの周波数帯のことです。現在家庭用で普及しているWIFIルーターの通信規格は主に2.4GHz帯で、5GHzと2.4GHzの二つの周波数帯に同時対応のルーターもございます。

  ※WIFIルーターが二つの周波数帯(2.4GHzと5GHz)同時対応の場合、ルーターのバンドステアリング機能をオフにしてください。その後、2.4GHzと5GHzのSSID(WIFI名)をそれぞれに設定してください。

IMG_256

 

2)WIFIの暗号化キーを確認してください。

  ご利用の2.4GHz WIFIの暗号化キーを変更された場合、変更後のWIFI暗号化キーでカメラの接続をしてください。

  変更されていない場合、暗号化キーは初期値であり、ルーターのシールに記載された初期値(暗号化キーまたはKEY)でカメラの接続をしてください。

 

3)スマホの設定を確認してください。

  1.スマホが2.4GHz WIFIに接続していることを確認してください。

  2.「Wansview Cloudアプリに位置情報権限(またはGPS)を許可していることを確認してください。

    iPhoneの場合:iPhoneの「設定」ーー[プライバシー]ーー[位置情報サービス]ーーアプリ単位での設定は、[位置情報サービス]欄の下部から「Wansview Cloud」を選択し、位置情報の利用を[このAPPの使用中のみ許可]に設置してください。

    Androidの場合:スマホの「設定」ーー[位置情報]ーー[アプリの権限]ーー「Wansview Cloud」を選択し、[常に許可]あるいは[アプリ使用中のみ許可]に設置してください。

 

4)スマホのVPN機能がオフしていることを確認してください。

  ご利用のVPNアプリにVPNをオフにしてください。

  iPhoneの場合、「設定」ーー「一般」ーー「VPN」の横にある「i」のマークをタップして詳細を表示させ下の「VPNを削除」をタップして削除してください。

 

5)自動給餌器P1が電源ケーブルによって給電されていることを確認してください。

  自動給餌器P1は2WAY給電に対応しますが、乾電池だけで給電する場合、自動給餌器P1のネットカメラ機能(接続機能)は作動しません。

  自動給餌器P1を接続したい、またはそのネットカメラ機能を利用したい場合、必ず電源ケーブルによって給電する必要がございます。予めご了承ください。

 

6)既にQRコードによる接続方法を試された方は、ルーターと製品を一回再起動してください。

 

以上の事項を確認された上で、カメラの接続手順を始めてください。

 

●接続が開始

 

1.ご利用のスマホが2.4GHz WIFIに接続していることを確認してください。

  カメラをルーターの傍に置いてください。推薦距離は3~5メートル以内です。

  接続完了後、別の場所に移動することができます。その際、ルーターから10メートル以内に置くことをお勧め致します。

  また、ネットカメラ機能を引き続きご利用いただけるよう、接続完了後、電源ケーブルを抜かないようにしてください。

 

 

2.自動給餌器を電源ケーブルで給電し、底部の電源ボタンをオンにして、自動給餌器を起動してください。

img2

  そして、1分間ほど待ってから、「リセットに成功しました」/「ビー」という音と聞こえるまで、リセットボタン(パネルの中間にある手動給餌ボタン)を長押ししてください。

  その後、リセットボタンの下にある青ランプが2カウント点滅を繰り返します  

img3

3.「Wansview Cloud」アプリを立ち上げ、「デバイスを追加」または右上側の「+」をタップ、「Wansview」にP1自動給餌器をタップ、「SOFT-APによるWi-Fi接続」をタップしてください。

图片1图片10

 

4.アプリの提示に従い、自動給餌器の電源状況と青ランプの点滅状況を確認してください。

图片3图片4

 

img8

A.「設定に行き」をタップする場合

5.スマホは自動的にWIFI設定ページを開きます。製品本体に貼ってあるSN番号を確認しながら、「WVCxxxxxx」というカメラのホットスポットに接続してください。そして、「Wansview Cloud」アプリに戻ってください。

  ※「WVCxxxxxx」というホットスポットは、実際に利用可能なネットワークではありません。接続後、スマホに「ネットワークなし」と表示されるのは正常です。アプリの指示に従って次のステップに進んでください。

 

6.アプリに戻ったら、アプリの画面はWIFI選択のページになります。

  接続なさいたい2.4GHz WIFIを選んで、その2.4GHz WIFIの暗号化キー(パスワード)を正しく入力してください。

  そして、「次へ」をタップしてください。

IMG_256

7.アプリはWIFI接続画面に入ります。

  この間、「Wi-Fiに接続中」ーー青ランプが早く点滅します。

  「サーバーへの登録」ーー青ランプが遅く点滅します。

8.接続成功したら、青ランプが常時点灯になり、アプリもデバイス名の設定画面に入ります。

  これで接続が完了です。

 

B.「機械との自動接続」をタップする場合

5.アプリは自動的にスキャン画面になり、製品本体に貼ってあるQRコードをスキャンしてください。

IMG_7208.PNGIMG_7209.PNGIMG_7210.PNG

6.「Wansview CloudがWLANネットワーク"WVCxxxxxx"に接続しようとしています。よろしいですか?」という表示が出ますーー「接続」をタップし、「WVCxxxxxx」というネットワークに接続してください。

  そして、「Wansview Cloud」アプリに戻ってください。

  ※「WVCxxxxxx」というホットスポットは、実際に利用可能なネットワークではありません。接続後、スマホに「ネットワークなし」と表示されるのは正常です。アプリの指示に従って次のステップに進んでください。

 

7.アプリに戻ったら、アプリの画面はWIFI選択のページになります。

  接続なさいたい2.4GHz WIFIを選んで、その2.4GHz WIFIの暗号化キー(パスワード)を正しく入力してください。

  そして、「次へ」をタップしてください。

IMG_256

8.アプリはWIFI接続画面に入ります。

  この間、「Wi-Fiに接続中」ーー青ランプが早く点滅します。

  「サーバーへの登録」ーー青ランプが遅く点滅します。

 

9.接続成功したら、青ランプが常時点灯になり、アプリもカメラ名の設定画面に入ります。

  これで接続が完了です。

 

もしこの接続方法でもうまくいかない場合、弊社のアフターサービスメール(service.jp@wansview.com)までご連絡ください。

弊社は全力をもってサポート致します。ご安心ください。

 

 

よくある質問

Q & A